HOME オンラインショッッピングガイド 生活工学へお問合せ 生活工学Q&A カートの中身を確認



いま、雑誌・テレビで話題のフコイダン(褐藻類に含まれるヌルヌル成分)
このフコイダンには様々な素晴らしい作用が報告されており、代替医療の分野からも注目されています。「フコイダン海王」はフコイダン純度の非常に高い(硫酸基率の高い)トンガ王国のモズクを使用しており、海藻濃縮ミネラル・アミノ酸18種類がバランスよく含まれています。
栄養素が非常に豊富なため、身体の健康と美容維持に役立つ飲料です。

 
1939年5月16日生まれ
医療福祉法人 聖和会 聖和記念病院
社会福祉法人 ハーモニー聖和
そよかぜクリニック
キャンサーメディカルドック

元理事
元副施設長
顧問・カウンセラー
代表

生活工学では客様のフコイダン海王に飲用にあたって不安やご不明な点などにお答えし、安心してご飲用を続くて頂くためにご相談できるサービスをご用意しております。
フコイダンの正しい認識と専門の博士によるアドバイスの元で安心して飲用頂けるこのサービスは多くのお客様にご活用いただき、大変喜ばれています。

  • 生活習慣が気になる方
  • ダイエットしたい方
  • 運動不足の方
  • 日々の生活が忙しい方
  • アルコールが好きな方
  • 健康維持を心掛けている方
  • 美容維持を心掛けている方
  • 食生活が不規則な方
 

フコイダン海王 【1800ml】
  
価格 45,000円(税抜)
ご注文は0120-6029-56へ 
フコイダン海王 【1800ml】
6本セット(40,000円/1本)(税抜)
価格 240,000円  (税抜)
ご注文は0120-6029-56へ 
 
フコイダン海王をさらにパワーアップ!
最新注目成分フコキサンチンを豊富に含む
アミノフコイダン発売開始!

ネット販売はしていないため、 直接お問合わせください。


 
「フコイダン」の栄養成分

 
(100gあたり)
エネルギー 17kcal
たんぱく質 0.1g
脂質 0.1g
糖質 4.1g
ナトリウム 23mg
食物繊維 0.5g
ビタミンC 200mg
ビタミンB1 1mg
ビタミンB6 1mg
「フコイダン」のアミノ酸分析表
(100gあたり)
分析試験項目
結果
分析試験項目
結果
アルギニン
8mg
アラニン
17mg
*リジン
9mg
グリシン
14mg
*ヒスチジン
5mg
プロリン
12mg
*フェニルアラニン
12mg
グルタミン酸
30mg
チロシン
9mg
セリン
8mg
*ロイシン
21mg
*スレオニン
14mg
*イソロイシン
12mg
アスパラギン酸
26mg
*メチオニン
6mg
*トリプトファン
4mg
*バリン
15mg
シスチン
3mg

*は9種類の必須アミノ酸
「フコイダン」の力
海の恵みをたっぷり吸収した栄養素、驚異の力を秘めた海藻成分「フコイダン」はテレビや雑誌でたびたび取り上げられ注目を浴びています。
海藻から採れるフコイダンは、アガリクスのようなキノコに含まれるβ-グルカンと同じ多糖体の仲間です。肝心なヌルヌル成分のことを硫酸基といいます。トンガ王国のフコイダンは硫酸基フコースの含有率が高く(11〜16%)、これがフコイダン特有のアポトーシス作用に強く影響していると考えられています。
素晴らしいことに、ごく近年、フコイダンの中のどの成分がアポトーシスに導いているのかも明らかになってきました。(フコキサンチンというこの成分を用いたサプリメントもすでにご紹介できるようになりましたので、ぜひお電話でお問い合わせください。)
 海の恵み「フコイダン」

フコイダン海王は、国内産のモズクではなく「フコイダン」の含有量が多いといわれているトンガ王国のモズクを使っています。
南太平洋に浮かぶサンゴ礁の楽園・トンガ王国のモズクは、海洋汚染が少なく栄養豊富な海で育っていて、古来よりトンガ王国の人々に「海の薬草」として愛され続けている貴重な天然モズクです。
モズクなどを食べれば「フコイダン」成分を摂取できるのでは?と思いがちですが、残念ながら人間の体には海藻を分解する消化酵素を持ち合わせていません。これでは、いくら身体に良いものでも体内で吸収されず、ほとんど体外に排出されてしまいます。
しかし、「フコイダン海王」は体内で吸収されやすように独自の製法で研究・開発されていますので必要な栄養素が体外に排出されることがありません。
フコイダンを超低分子化するという技術により、胃腸が弱っている方、ご高齢の方でも「フコイダン」成分を吸収することが可能になりました。

 

 「フコイダン」って、何?
フコイダンはモズクやワカメ・コンブなどの海藻特有のヌメリ成分に多く含まれる多糖類の一種です。構造としてはフコースと呼ばれている糖に硫酸基が結合したもので、数多く連結したものの総称で「フコイダン」と呼ばれています。 フコイダンは葉や茎が傷ついたときに傷口から菌が進入しないよう防御する働きがあります。

 

 フコイダンは液体や顆粒(粒)のものがありますが、どれが良いのですか?
それぞれに長所があると言えます。
液体の場合は、(超低分子化されていれば)飲んですぐに吸収することができます。また顆粒にするより加工の工程が少ないのでコストを抑えて製造できます。
顆粒の場合は、飲むときに匂いを気にすることもなく、持ち運びも便利です。しかし、液体のものを乾燥させないといけないのでコストがかかります。また体内で水分と一緒に溶けていくので、ジワジワと吸収されます。
顆粒は液体より吸収率が悪いと思われがちですが、超低分子化されていれば同じように吸収できます。
一番のお勧めとしては、それぞれの長所をいかして液体と顆粒を並行して用いるという方法です。時間差で吸収することで、フコイダンのパワーを体内で長時間持続させることができるからです。

 

 お薬を併用してもかまいませんか?
フコイダンは、モズクやコンブなどの海藻類に含まれる天然の食物成分で化学的に合成されたものではありません。モズクやコンブを食べているのと同じなので単品での心配はありません。 しかし、お薬や他の健康食品(中には成分や由来がはっきりしていないものもあります)との併用によって、なんらかの相互作用が出る可能性も否定できません。どうしても気になる方は、主治医に相談なさることをお薦めいたします。

 

 モズク、海藻類を食べればフコイダンを摂取できますか?
病気の予防や治療を目的として「モズク」を食べるとすれば、一般的に言われている量で1日約2kgを食べ続けなければいけません。しかし、それだけの量を食べたとしても人間の体は海藻を分解する酵素を持たないため、フコイダンを体内に吸収することができずに、ほとんどが排出されてしまいます。よって食べる場合はよく噛むよう心がけていただきたいものです。

 

 フコイダンの研究は日本だけですか?
アメリカは、治療医学の最先端を行く国ですが、それと同時に予防医学も進んでいます。国民の健康意識が強いため、フコイダンに対する認知度も高く、特に注目を浴びています。「良いものは、良い」と合理的に判断する国民性があり、日本より広がりも早いようです。その他の国でもフコイダンの研究が始まっています。

 

 賞味期限はどのくらいですか?
未開封のものについては、冷暗所保存で製造日より2年間です。開封後は冷蔵庫で保存し、なるべく早くお召し上がり下さい。